スズメバチ駆除や巣の退治は│刺されないように注意しましょう

笑顔の担当者

巣を見つけたときは

蜂の巣

自宅で蜂の巣を発見した場合は、むやみに近づくのは危険とされています。ましてや、その場で退治するなどは危険です。蜂のなかでもミツバチなどは温厚な性格で知られているので、危害を加えたりをしなければ襲ってくることはありません。しかし、退治などで巣に近づくと襲ってくることがあります。ミツバチは一度人間を刺したら針が人間の皮膚に付着するので、そのまま死ぬことになります。しかし、これで安心するのは早いとされます。ミツバチは人間を刺したら警戒フェロモンを発します。警戒フェロモンは周辺にいる蜂に伝染し、退治などで巣を脅かすと認識した人間を集団で襲いにきます。ミツバチ一匹に刺されただけなら軽い怪我程度にすみますが、大量のミツバチとなると重体になってしまう可能性もあるので、注意することが必要です。子どもは大人と比較して免疫力が弱いため、何匹かに刺されただけでも重体になってしまう可能性もあります。蜂の巣を見つけたときは、できるだけ近づかないようにし、退治などのときは子どもがいたときは遠くまで離れておくようにしてください。また、人によっては、蜂に刺されたらアナフィラキシーショックと呼ばれるアレルギー反応が起こることがあります。アナフィラキシーショックは以前に一度蜂に刺されたことのある人間に起こる反応ですが、最悪の場合は死に至る場合もあります。蜂に刺された経験がある方は、蜂が周囲を飛び回っているときは刺されないように注意を払うことが必要になります。