スズメバチ駆除や巣の退治は│刺されないように注意しましょう

笑顔の担当者

刺されないための防護服

ハチの巣

ハチ駆除を考えている方は、できるだけハチから防護できる服装で臨むといいでしょう。そのため、半袖半ズボンという格好でハチと退治するのは危険です。必ず長袖長ズボンという格好でハチ駆除に向かうようにすることが大切です。また、できるだけ全体的に厚めの服を着ると、ハチが針をさしてきても深くまで刺さることはないという情報もあります。もし薄手の服しか持っていないときは、できるだけ重ね着をしてハチから身を守るといいでしょう。さらに、ハチは体の目立つ部分だけではなく、服の隙間などからも侵入して人間を襲うことがあります。したがって、できるだけ隙間の内容な防護服でハチ駆除に向かうことが大切になります。たとえば、シャツはズボンの中にしっかりと入れて、ベルトなどで固定しましょう。シャツをズボンから出しっぱなしにすると、その隙間からハチが入ってくる恐れがあります。この隙間に気づかない方も多いので気を付けることが重要になります。また、靴とズボンの間の隙間も守りましょう。できれば長ズボンと長靴をはいて、その隙間が露出しないようにしましょう。足を刺されてしまうと、ハチから逃げるときに走りづらくて不便なので、気を付けることが必要になります。忘れがちなのが手袋です。長袖の上着と一緒に手袋をはめると手の隙間がなくなるので、これも便利な道具といえます。農作業用の手袋ではなく、できるだけ革製の厚い手袋を用意してください。また、頭や首周りを守るために、タオルと帽子も必要です。タオルは首などにまいて狙われないようにしましょう。帽子はできるだけ顔部分まで隠れるような形のものにするといいでしょう。顔の中でも目を刺されると失明する危険も伴うので、心して守ることが大切です。最後に全体的な色合いとして白いものに服装を統一するといいでしょう。ハチ駆除はハチに警戒心をかなり高めるため、ハチは狙いやすい黒色を身につけていると危険です。できるだけ白い服装でハチと退治することが、身を守る上で重要になります。